未分類

ヒートスリム42℃に含まれる成分は?成分としくみを徹底調査

更新日:

ヒートスリム42℃に含まれている成分が気になっている方へ!
このページではヒートスリム42℃の成分を詳しく紹介しています。

ヒートスリム42℃に入ってるTPEゲルってどんな成分

TPEというのは、
「サーモ・プラスチック・エラストマー」の頭文字をとった略語です。
ゴムの一種でビニールより安全かつ、シリコンより安いという特徴を
持っています。だからヒートスリム42℃に限らず食品の容器とか医療・美容用など
様々なシーンで使われています。

ヒートスリム42℃もTPEをゲル状にしたものにカプサイシンを
配合してあります。

このTPE自体がシートになっているためヒートスリム42℃では
肌トラブルになりづらくなっています。

そもそもTPEゲルは保湿成分ではなく、

・カプサイシンを体内に送り込む
・肌との密着性を高める
・はがすときに痛くない

カプサイシンを配合してあるので有効成分を
肌から直接脂肪へ向けて送ることができます。

そこで脂肪が燃焼された状態になりまるで
発汗スーツのような役割りを果たしてくれるので
代謝のアップと肌の潤いを高めることができます。

ヒートスリム42℃の肝!カプサイシンとは

カプサイシンは、とうがらしの辛さの元になっている成分です。
カプサイシン類というものがあり、コショウに含まれるピベリンやシャビシン、
サンショウに含まれるサンショオールなどなど、種類が豊富に存在します。

カプサイシンがヒートスリム42℃でどのように体に作用するかというと、
カプサイシンを摂取すると体脂肪の分解を促進するアドレナリンがエネルギーの代謝を盛んに
してくれます。その結果、効率良く脂肪を燃焼することができます。

また、カプサイシンがエネルギーの代謝を活発させることによって体温が上昇して
発汗が促進されます。

経験があると思いますが、とうがらしなどが入った料理をたべると
瞬く間に汗がでると思います。これはカプサイシンの働きによるものなんです!

つまり、ヒートスリム42℃にはしっかりと代謝をアップさせ、脂肪を燃焼する
ための仕組みができあがっているわけです。

ちなみにこういった商品を購入するときに必ず気にするのが
副作用について。

たとえば肌の火傷や肌荒れですね。

TPEゲルシートは医療用でも使われているため肌荒れなど起こすことは
皮膚が弱い方や医師からの注意をうけている方以外は基本的に大丈夫です。

カプサイシンについても成分を取り込むだけなので、
肌がヒリヒリすることもありませんのでご安心ください。

気になったなった方はぜひお試しくださいね!



ヒートスリム公式サイトはこちら

-未分類

Copyright© ヒートスリム42℃の効果口コミまとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.