未分類

ヒートスリム42℃の正しい使用方法まとめ/効果的な使い方はこれ!

更新日:

ヒートスリム42℃は市販の湿布みたいな感じでフィルムがあり、
それを剥がして気になる部位に貼るだけです。

3分割で別れてはがしやすい設計になっていますし、
薄さも1mmなので、ヒートスリム42℃を貼って
洋服を着ても着太りもせず、誰にも分かりません。

もちろんカットして使用する事もできますので、
二の腕や太ももなど様々な部位に貼ることが出来ます。



ヒートスリム42℃の間違った使用方法

口コミや体験談を見ても間違った使用方法でヒートスリム42℃を使用している人が多いのにビックリしました。

更にはヒートスリム42℃の使用方法のサイトで間違った事を書いていたのでビックリです。

なので、ヒートスリム42℃の間違った使用方法をまとめました。

  • ヒートスリム42℃を毎日ずっとつけて使用
  • ヒートスリム42℃を同じ部位に何日も貼る。
  • ヒートスリム42℃を毎日使いたいから車内においている
  • ヒートスリム42℃を体中に貼って寝る



ヒートスリム42℃の使用方法

毎日貼っているって口コミも多いですが、コレは間違いです。
ヒートスリム42℃はお肌に良い成分や医療でも使われているゲルが採用され、
お肌の事を考えて作られた商品ですが、お肌は呼吸をしています。

なので皮膚呼吸をする時間をお肌に与えてあげないと、
お肌が荒れてしまったりしますので、基本的には1日8時間で使用をやめる事が必要です。

そして、同じ部位に毎日張らない事です。
昨日はウエスト周り、今日は太もも周り、と貼る部位を変えて使用して下さい。

ヒートスリム42℃を車内に置いておくのは言語道断です。
公式サイトでも注意書きでも書いているとおりですが、30度以上の高温や直射日光を避けるよう書かれています。

ヒートスリム42℃を体中に貼って寝る。
これもお肌にあまりよろしくありません。
出来る限りスポットでヒートスリム42℃を貼る事をオススメします。

低音火傷とかの危険性はありませんが、貼り過ぎてしまい熱すぎると感じた場合は直ちに使用をやめて下さい。

特に就寝中は、布団を羽織りますので、ヒートスリム42℃がもたらす体内の発熱が外部に逃げれず、熱がこもってしまいますので、寝苦しい夜になります。

貼りすぎは控えましょう。

逆に冷えやすい人は就寝中に使用して快適に睡眠がとれる事が出来ます。

夜に寝る前に貼って朝代謝が上がっている状態なので、
普段の仕事や休日により運動効果が期待出来、
ダイエットにもつながりやすいです。この方法がもっとも効果的です。

こんな便利なヒートスリム42℃ですが、使用者の殆どの人が毎日使用していると思います。
ですが、毎日使用する際も皮膚呼吸が出来るよう、貼る部位は分けて下さい。


同じ部位に貼る場合には毎日の使用はオススメできません。

皮膚トラブルになりやすくなるので、
公式サイトでも1日置きの使用をオススメしています。

なので、同じ部位に貼るのであれば、1日おきに使用して下さい。




ヒートスリム公式サイトはこちら


-未分類

Copyright© ヒートスリム42℃の効果口コミまとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.